軽井沢に移り住むまで

軽井沢で土地を購入。愛する猫たちと暮らせる家を建てるまでの記録
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 浅科の家 | main | 今朝のミミィ >>

軽井沢植物園

軽井沢に自生している植物が中心と聞いて、ガーデニングの参考になればと思って出かけたのだが…。

「ミヤマカラマツ」かなと思ったけど、違うみたいだ。

「よくわからない」(^^;)。何とかトラノオかなぁ。

「ヒカリゴケ」。自分で発光するのではなくて、太陽の陰光を反射させるらしい。

「ラムズイヤー」。実はこれは浅科のKさんのお宅のお庭に咲いていたもの。今までは写真でしか見たことがなかった。

軽井沢植物園は入園料100円、と安くていいのだけれど、何も考えずにただ植えられているだけという印象が強く、花が少ない時期だったことを割り引いて考えても、あまりに雑然としていてまったく美しさを感じなかった。草花の名前の札があるものもあれば、ないものも多い。そのことを軽井沢の友人、Mさんに話すと同じ意見だったので、やっぱり感じることは一緒だなとちょっと安心。でもまあ季節ごとに行ってみよう。

軽井沢は別荘族が多いせいか、きちんとガーデニングをしている家が少ないと感じていた。Mさん情報によると軽井沢町もそう感じていたのか、これから「花いっぱい運動(今勝手に命名)」で、きれいに花を咲かせている庭を見せてくれる家を募集するのだそう。

よし、がんばろう>Aガーデナーさん(^^;)。
草花 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
この記事に対するトラックバック
RECOMMEND
ターシャ・テューダーのガーデン
ターシャ・テューダーのガーデン (JUGEMレビュー »)
トーヴァ マーティン, Tovah Martin, Tasha Tudor, Richard W. Brown, 相原 真理子, ターシャ テューダー, リチャード・W. ブラウン
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
デンティ・ベス
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS